よくある質問

目次

よくある質問

当クリニックのホームページを見ている方が検索サイトで入力した「検索ワード」を分析して、「よくある質問」を作成しました。随時更新しています。

令和2年6月28日 更新

1. デイケアはありますか?

ありません。
病棟もありません。

2. 土日に診療していますか?

第2,4土曜日に診療しています。日曜日は診療していません。

3. 当日診療できますか?

予約が空いていれば、新規の方でも当日診療できます。まずは電話でお問い合わせください。

4. 夜間診療していますか?

19時まで診療しています。

5. タイムタイマーはありますか?

はい、実物があります。ADHDの患者さんに紹介しています。
ブログ「タイムタイマー」を参照してください。

6. 初診の値段はいくらですか?

診療内容によって異なります。あくまでもめやすとしてお考えください。

  • 3割負担の時のめやす・・・3,000円から6,000円
  • 1割負担(自立支援医療)の時のめやす・・・1,000円から2,000円

7. 大学生の受診に保護者は同行必要ですか?

未成年の方は、成人の保護者の同意があれば受診可能です。同意があれば、お一人で受診ができます。ご家族同伴でも受診できます。

8. そちらは、「すすきのメンタルクリニック」ですか?

違います。
ストレスケアすすきのクリニック」です。
同業者からも間違われますが、すすきのメンタルクリニック、メンタルケアすすきのクリニック、すすきのストレスケアクリニックではありません。「すすのきクリニック」でもありません。

9. にんにく注射はできますか?

できます。
自由診療のページを参照してください。

10. 減薬に協力してくれますか?

もちろんです。
しかし、医師が治療上必要と認める向精神薬であれば、必ずしも、減薬ができるとは限りません。ですから、ご希望に添えない場合もあることをご承知おきください。

11. 新規患者を受け付けていますか?

いつも受け付けています。なるべく早く診察するようにしています。

12. 大人のADHDの診察をやっていますか?

やっています。
大人のADHDを診断・診察しています。
ですが、子供のADHDの診断はできません。

13. マインドフルネスをしていますか?

診察の一環として、マインドフルネスについてまとめた指導箋を用意しています。

14. 女性におすすめですか?

おすすめかどうかの評価は、人それぞれですが、、、当院のスタッフは、院長を除いて全員女性です。女性の副院長の診察をうけることができます。当院に通っている患者さんの7割は女性です。

15. 予約せずに行けますか?

連絡なしには、受診できません。
当日診察が可能かどうか、なるべく早い時間(午前10時からやっています)に、まずは電話でお問い合わせください。

16. メールで相談できますか?

できます。
ネットで初診相談のページを参照してください。

17. 敷居が高いですか?

決して、高くありません。
偉ぶった態度の医師もいません。
受診する決断ができない方へのページも参照してください。

18. 女医(女性医師)はいますか?

います。
毎日出ている常勤の女性医師がいます。

19. 電話で診察できますか?

原則としてできません。
電話診察、オンライン診療はしていません。

20. カウンセリングはできますか?

心理士がいないため、できません。

21. 心療内科に初めてかかります。何をされるのか心配です。

(1)時間をかけて話を聞きます。(2)こころに起きている変化をイラストなどを用いて説明、診断を導きます。(3)治療の選択肢を提示します。(4)セルフケアやストレスケアについても解説します。
受診する決断ができない方へのページも参照してください。

22. トリプルPをしてますか?

最近はしていません。

23. 失恋しました。みてくれますか?

みます!
「なーんだ、そんなことで来たのかー」「大したことはないよー」などとは軽々しく言いません!第三者に話を聞いてもらうだけでスッキリすることもありますし、数日間だけでもお薬を飲むと楽になることがあります。

24. 近くに薬局はありますか?

特定の薬局への誘導になるので、あるか/ないか、言えません。

25. 血液検査をしてほしくないです

医師が必要と認めれば、血液検査はしてほしいのですが、もし、嫌でしたら、無理にしていただくことはありません。

26. 夫婦で受診できますか?

もちろん可能です。

27. 仕事を休みたいので診断書を書いてくれますか?

診察した上での結果となります。
なお、初診だから、診断書は書かない/書けない、ということはありません。

28. ストレス外来をやっているのですか?

専門外来はしていません。

29. 自傷行為はやめれますか?

自傷行為(含む大量服薬)が頻回な場合は、クリニックではなくて病院に受診されることをおすすめします。理由は、クリニックは職員が少ないので、いざという時に対応できないからです。

30. ADHDの薬「コン・・・」は処方できますか?

処方できます。
医療法のルールで、ネットに特定の医薬品名が書けなくなりました。詳しくはお問い合わせください。当クリニックの医師はだいたいどんなお薬でも処方できる資格はもっています。

31. はじめて受診するタイミングで悩んでいます

早いほうがいいと思います。
「こんなことなら、大したことはないよー」などとは言いません。

32. 保険を使わないで診察してくれますか?

可能です。
ですが、流通規制されている一部の向精神薬(コン・・・、リタ・・、ヒロ・・など)については、保険を使わないで処方することはできません。

33. うつ病の増強療法はできますか?

できます。
日本うつ病学会のガイドラインをもとに標準的な治療を心がけています。

34. 欠番

35. 学生でも受診できますか?

できます。
もし、未成年でしたら、成人の保護者の同意があれば受診可能です。同意があれば、お一人で受診ができます。

36. エナジーライトはありますか?

はい、実物があります。
ブログ「ブルーライトで冬季うつ病を克服しませんか」を参照してください。

37. 欠番

38. 睡眠薬依存症をみてくれますか?

はい。
あなたは、すでに身体依存と精神依存になっていると思います。「やめる!」という強い意志があれば、減薬をサポートいたします。
しかし、医師が治療上必要と認める向精神薬であれば、必ずしも、減薬ができるとは限りません。ですから、ご希望に添えない場合もあることをご承知おきください。

39. 離婚しそうで辛いです/離婚したい

ぜひ、受診してください。
診察した上で、必要であれば治療もしますし、必要であれば診断書も書きます。さらに必要であれば、信頼できる弁護士を紹介できます。

40. 仕事を休んでいいのか決断できません

休む必要があるかどうか、すなわち今の精神状態が業務遂行能力に支障を来しているかどうか、診察して評価しますので、ぜひ、受診してご相談ください。

41. 親子で受診できますか?

できます。

42. 睡眠薬「ハ・・・・」を出してくれますか?

処方できます。
医療法のルールで、ネットに特定の医薬品名が書けなくなりました。詳しくはお問い合わせください。当クリニックでは、特定の医薬品を処方しない、ということはありません。しかし、多剤処方や長期連用などになっている場合は、お断りすることもあります。

43. ストレスケアすすきのクリニックの医師の名前がわかりません

平成30年6月、医療法が改正され、医療機関のホームページは広告に該当するようになりました。当クリニックのホームページは、いち早く対応し、そのタイミングで、当クリニックのホームページから医師名やプロフィールも削除しました。それが比較優良広告・誇大広告と誤解されるのを防ぐためです。

44. 冬季うつ病は予防できますか?

ブログ「この冬を乗り切りましょう」を参照してください。
ブログ「ブルーライトで冬季うつ病を克服しませんか」を参照してください。

45. 来春の新卒採用の予定はありますか?

ごめんなさい、ありません(T_T)

46. 借金で首が回りません

借金で首が回らず、そのせいで、気分がすぐれなくても、なかなか医師にも言えないものです。でも、大切なことなので、ぜひ相談してください。法律的な助言が必要な場合、信頼できる弁護士を紹介できます。

47. 初診で何を話したらいいかわかりません

初めてメンタルクリニックを受診するときは、勇気がいりますよね。まして、自分のことを話すなんて・・・という抵抗感もあると思います。基本的には、医師からお尋ねしますので、一生懸命、ご自分で率先して話していただかなくても大丈夫です。ですが、絶対に話しておきたい大事なことは、メモを持参されると良いと思います。よくある質問No.21も参考にしてください。