精神科の治療は、薬を飲むだけではな〜い!

朝5時からジムで筋トレしてプロテインを飲みまくっている院長です。

昨晩、1年半通院した患者さんが「終診」になりました。
働き盛りの若い男性で、仕事が原因のうつ状態で初診され、通院して、良くなって、減薬できて、卒業されました。最初の頃、精神医療に不信感を持っておられたのか、怪訝そうな表情だったのをよく覚えています。(その後現在まで、良好な信頼関係を築けました)

終診される患者さんは、少なくなく、月に数名はいらっしゃいます。特に、ストレスによるうつ状態の方は、適度な向精神薬の服用としっかりした療養指導で、寛解を目指せるのです!あとは、きっかけも重要です。良いきっかけがうつ状態をさらに改善させるということは、あることです。 正直、昨晩の患者さんが終診され、ちょっと寂しい気持ちになってしまいました。私もクリニックやめようかな、というのは冗談ですが、そのくらいの気持ちになりました。人それぞれの人生ですから、これからこの経験を生かしてほしいなと思います。

精神科の治療は、薬を飲むだけではな〜い! 渡辺謙さん風に

ということを、このブログでも、私は、再三言っています。

当クリニックお手製のさまざまな種類の療養指導せんを活用して、通院患者さんに、生活で気をつけるべきこと、すべきことなどを説明しています。療養指導の一環として、腹筋ローラーバランスボールLED光治療器などが診察室にあるメンタルクリニックは、なかなかないと思います。 加えて、開院当初から、患者さんの健康増進のニーズに応えたかったので、保険診療で認められないものを自由診療で提供することにしました。実は、先月から、自由診療をこっそり始めています。

  • まずはビタミンB。ビタミンBを中心とした成分の効果は、疲労回復、健康増進として知られています。特に、倦怠感・食欲不振・風邪のひき始めに効果があります。いわゆる「にんにく注射」というものです。疲労でへとへとという人に、即効性があるにんにく注射を是非どうぞ。
  • そして、プラセンタ。プラセンタの効果は、滋養強壮や若返りとして知られています。特に、自律神経の安定化、ホルモンバランス調整、免疫力アップ、血流改善、肝機能改善、美肌に効果があります。女性の自律神経には効果があるようですね。もちろん、男性もできます。
  • 最後に、勃起不全治療薬。メンタルクリニックに通院される患者さんの中には、勃起不全、射精困難、性欲低下等の困りごとがあるけれど相談できていない方います。心理的な影響や向精神薬の副作用で勃起不全になることがあります。このブログも参考にしてください。

このように、ストレスをケアするレパートリーが増えました。ぜひご活用ください。詳しくは、自由診療のページもご確認ください。 (医療広告ガイドラインに基づき、ネットでは医薬品名が出せません。院内掲示でご確認いただくか、お問い合わせください。)