ファスティングで体をリセット

こんにちは、副院長です。

 

世の中には様々な健康法が溢れています。
断食が良いとか、メガビタミンが良いとか・・。
科学的根拠のあるものからないものまで様々です。

ただ、空腹の時の方が頭が冴えたり、体が軽くて何となく調子が良いと感じた経験がある人は多いかもしれません。

今日はファスティングについてご紹介します。

ファスティングとは?

「断食」のことですが、僧の修行のような宗教的な「断食」とは異なり、何日も全く食事をしないわけではありません。

現在のファスティングは、必要な栄養素を摂取しながら体の不調を取り除くための方法、体本来の機能を活用した合理的な健康法の一つです。

現代のファスティングは、「デトックス」「クレンズ」「プチ断食」とも言われています。

ファスティングの目的

  1. エネルギーを消耗させる「消化」を一時休止させる
  2. 「消化」を休止させることにより「排泄」を促す
  3. 「代謝」が行われやすい体をつくる
  4. 体内外の「酵素」のちからを活用する

「消化」に膨大なエネルギーが費やされている

食べたものを消化するために膨大なエネルギーを使ってしまうと、健康維持に必要な「代謝」「排泄」に使えるエネルギーが失われてしまいます。

そうすると、

  • 眠くなる
  • 胃腸が疲れる⇨体も疲れる
  • 細胞の入れ替えやデトックス、老廃物の排泄ができなくなってしまう
  • 老廃物が毎日たまっていく
  • 不調や病気につながっていく

など、様々な不調が起こり得ます。

消化に負担をかけないことで「代謝」「排泄」にエネルギーを注ぐことができる

ファスティングを行うことで、「代謝」「排泄」がすすみ、体にたまっていた老廃物が体外に排泄され、細胞レベルで体をリセットし、体本来の機能を取り戻そうとする方法がファスティングです。

ファスティングで期待される効果

  1. 体脂肪が落ちる。
  2. 体内の有害なものが排泄される。
  3. 免疫力が高まる。
  4. 臓器を休ませることで、臓器の機能を高められる。
  5. 血液、大腸、肌がきれいになって体調がよくなる。
  6. 集中力が高まる。
  7. 感覚が鋭くなり、食事が美味しく感じられるようになる。

など

ファスティングはあくまで自分の体調を把握しながら安全第一に行うこと

持病のある人、糖尿病などで内服治療中の人や持病を持っている人は必ず医師と相談してから取り組むようにして下さい。

ファスティングの方法その1 :期間

半日ファスティング

朝食に固形物を食べない、午前中をファスティングドリンクで過ごす。

1日ファスティング

1日固形物を食べない、1日ファスティングドリンクで過ごす。

週末ファスティング

金曜の夜から準備し、土曜日曜の午前中までファスティングドリンクで過ごし、日曜の午後を復食期とする。

3日ファスティング

準備期と復食期をあわせた9日間を前提とし、中3日間をファスティングドリンクと水分でファスティングを行う。

その他、より期間を増やしていく方法もあります。

ファスティングの方法その2: 摂取する物

コールドプレスジュース

低速ジューサーを用いて作ります。それなりの費用がかかりますが、ジューサリー店舗やオンラインショップで購入することができます。ジュース1日1.5Lと水1.5Lを飲みます。

ファスティングの酵素ドリンク

品質の良いものであれば使用可ですが、添加物と白砂糖に注意が必要です。2L以上の水を飲みます。

手作りの酵素シロップ

作成時に常在菌が入り込む可能性があるので、ここでは割愛します。

甘酒

食事の代わりに1日3回、お湯などで割って200ml程度飲みます。それ以外はノンカフェインの水分を2L以上飲みます。

レモネード

マスタークレンズに使用されます。低コストでおすすめ。無農薬レモン半個を絞り、メープルシロップ大さじ2、カイエンペッパー少々とぬるめの蒸留水かナチュラルウォーター300mlを混ぜるだけ。1日6-12杯程度飲みます。レモネードであれば、ファスティング中いくら飲んでもOK。

スムージー

食物繊維が含まれているので腹持ちが良く、ファスティング初心者に向いています。他の方法に比べると効果はややマイルドとなります。食事の代わりに1日3回、水は2L以上たっぷり摂ります。他のファスティングの復食としても使えます。

ファスティング中に注意すること

  1. 起床後、200-400mlの常温の水か白湯を飲みます。
  2. ファスティング期間中口にできるのはファスティングドリンクや水など液体のみ。ただし、カフェイン入りのドリンク、乳製品、市販のジュースは摂らない。
  3. しっかりと水分を摂り、ファスティング期間中は激しい運動を避けます。
  4. ファスティング終了後の復食期間中は胃腸に負担の少ない消化の良いものを食べること。

・・・

3日間ファスティングの一例

3日~1週間の準備期

肉、脂っこい食事、インスタント食品などを控えます。

1日目~3日目

朝食 ファスティングジュース
昼食 ファスティングジュース
夕食 ファスティングジュース

復食期1日目

朝食 重湯
昼食 おかゆと具無しみそ汁
夕食 おかゆと具無しみそ汁

復食期2日目

朝食 おかゆと具ありみそ汁か野菜スープ
昼食 おかゆと具ありみそ汁か野菜スープと温野菜サラダ(少量の塩かポン酢などで味付け)
夕食 ご飯と具合みそ汁か野菜スープと納豆やひじきの煮物など

実は復食期、ファスティングにおいて結構重要です。

 

ファスティングの内容は以上になります。