まんがでわかるEAP北海道

院長です。

昨日、狸小路のトライワークさんの向かいの本格的なカレー屋さんで食べました。スパイスがきいていて、慣れない私は、胃もたれしています。美味しかったことは、事実です^^

さて、

私も関わっている、株式会社EAP北海道の紹介まんがが完成しました。

EAP北海道は、労働者のこころの健康の維持増進のお手伝いをしている地場の会社です。EAP北海道と契約しませんか、と企業の偉い人に読んでもらいたいと思って作ったまんがです。EAP北海道と契約している意識が高い系の企業は、従業員のこころの健康に配慮して働いて欲しい!と思って、EAP北海道と契約してくれています。企業にとっても従業員にとってもメリットのあることです。

電通や佐川、様々な企業で、過重労働やパワハラ等でうつになったり自殺者が出ています。労災や民事で争われているケースは年々増えていて、ニュースになるのはその一部です。

現実は、労働者が、知識がないがため自ら退職したり、泣き寝入りして自己都合で退職させられたり、最悪なのは、以前のブログで書いたように、不適切な精神医療で薬漬けにさせられてしまいます。

未然にストレスに気づいたり、相談ができたり、ストレスチェックで個人や組織の傾向が把握できると、働きやすくなりますよね。

それでは、紹介まんがをご覧ください。画像をクリックしてください。